DOG POLICETOP>バイクの防犯グッズ

バイクの防犯グッズ

車と一緒でバイクの盗難もすでに社会問題化しています。大型車や外車、スクーターやビジネス実用車まであらゆる車種のバイクが泥棒のターゲットになっています。このページでは、いろいろなバイクの盗難防止グッズの紹介をしていきます。自宅のガレージに防犯カメラを設置したり、パーキングに止める前に、できる防犯対策がありますよ。また、防犯カメラがあっても万全な体制とは言い切れませんので常に注意が必要です。

バイクの防犯グッズの紹介と選び方のポイント

車輪ロック

U字ロックやディスクロック(ブレーキに設置)等を使って前輪、後輪を固定する方法です。バイクでは最もポピューラーな盗難対策です。車輪ロックは前後両輪をロックしないとあんまり意味がありません。片方の車輪だけをロックした場合に、ロックされていない方の車輪を台車に乗せて(複数人で持ち上げて)、押していけば簡単にバイクを持ちさる事ができます。ので両輪のロックをしっかりしておきましょう。

キーカバーロック

マイナスドライバーやハサミなどを鍵穴に強引に突っ込んでエンジンをかけようとする賊がいます。その際は鍵穴が大概破壊されて、盗難に遭わなくても修理をしなくてはならなくなります。キーカバーロックは愛車のカギ穴をカバーして鍵穴の破壊や悪戯を防いでくれます。鍵穴に特殊な鍵のついた蓋を付けるタイプの防犯グッズです。

悪戯警報機

盗難に遭った時にブザーをならすタイプが多いようです。

振動感知型

バイクを動かしたり移動させる時の振動をセンサーが感知します。

傾斜角感応型

サイドスタンドで立っているバイクを移動させる時には、一度車体を起こさないといけません。車体の傾きをセンサーが感知して、警報を鳴らします。

電圧降下感応型

直結などの不正なエンジン始動を試みた時の、バッテリーから供給されている電圧の変動を感知して、警報を鳴らします。

ポケベルに自動連絡するタイプ

異常を感知した時には、付属のポケベルに連絡するタイプもあります。バイクから離れていても異常を知ることはできますが、電波の届く範囲に限りがあります。

様々なタイプの警報機が販売されていますが、その一部です。参考までに。ロックなどの物理的な方法と併用して使用するのが効果的です。

車追跡機器

万が一バイクを盗まれてしまった時に車の位置情報をインターネットなどで確認することができるタイプです。いつでも愛車の位置が確認できるので安心感もあります。測位の方法はPHSやGPS、携帯電話などを使って検索する方法があります。自宅でバイクを保管する時だけではなく、ツーリングに行くときなどにも載せておけば安心です。

注目サイト

Last update:2015/4/8