DOG POLICETOP>空き巣の防犯対策

空き巣の防犯対策

空き巣の被害にあうと、大切な財産がなくばかりか、自分の安心して落ち着ける場所が見知らぬ者に侵入された、という大きな精神的ショックまで受けてしまいます。空き巣はドアや窓に対する防犯対策や防犯カメラの設置が効果的です。そして防犯グッズや防犯カメラ・ネットワークカメラなどに頼りすぎず、普段からの心がけで防ぐことができます。泥棒に入れられない家にしましょう。

ドアの防犯対策

ドア錠

ピッキングに強いシリンダーにしてください。

シリンダーは、カギを差し込んで回す部分の事です。差し込むカギのディンプルや鍵山、溝の形で一致するカギか異なるカギかを識別します。

ピッキングは、特殊な工具をカギ穴に差し込んで、錠シリンダー部分を操作して、不正に解錠する手口の事をいいます。

サムターン回しの対策をしてください。

サムターン(ドア内側の施解錠操作のためのつまみ)を防犯サムターンにしてください。防犯サムターンには、取り外せるサムターン(脱着式サムターン)やサムターンに付いているスイッチを押さなければ解錠できないタイプ(スイッチ式サムターン)もあります。

サムターン回しは、針金・特殊工具をドアに挿入してサムターンを回して解錠する手口です。

特殊工具等を挿入するために・・・

・ ドアスコープを取り外す
・ 扉にドリルで穴を開ける
・ ドアの側面や上部の隙間から  ・・・の方法があります。

防犯性能の高い建物部品の錠に取り替えてください。

補助錠

ドアの上部等にも補助錠を取り付けてください。(ワンドア・ツーロック)

1つのドアに錠が2つ以上付いていると、侵入する時にかかる時間も2倍以上になります。泥棒は、侵入に時間のかかってしまいそうな家を嫌います。

丈夫なドア

バール等を使ったこじ破りやその他の破壊行為に耐えるような丈夫な材質や構造のドアにすると効果があります。

ガードプレートを取り付けてください

ドアとドア枠の間に隙間があるとバール等の工具を差し込まれて、ドア錠をドアごと破壊されてしまう可能性があります。ドアとドア枠の隙間にガードプレートを取り付けましょう。

窓の防犯対策

補助錠を設置する

空き巣の侵入の手口で一番多いのが窓のガラス破りです。泥棒は、クレセント錠に近いガラスを割って、クレセント錠を解錠して侵入します。窓の上と下に補助錠を設置すると防犯効果があります。補助錠は比較的安い値段で売られていますので、簡単に取り付けることができます。

破壊に強いガラスにすると効果あり

窓ガラスを防犯ガラスに交換すると、ガラスを破壊するのにも時間がかかってしまって、ガラス破りの侵入が難しくなります。防犯ガラスは、2枚以上のガラスに樹脂中間膜を挟んだもので、貫通穴が非常にあけにくいガラスです。

さらに泥棒の侵入を防ぐために・・・

センサーライト

動くものに反応して、ライトが点灯するセンサーライトを死角になる場所等に設置すると効果があります。

警報ブザー

ドアや窓の開け閉めに反応したり、窓ガラスが振動するのに反応する警報ブザーを設置しておくと効果があります。防犯カメラやネットワークカメラと合わせて使うと効果的。ネットワークカメラなら外出先からの安全確認も可能です。

習慣にしてください

施錠は確実にしてください。

ゴミ出しや買い物などの、短時間の外出でも施錠をしっかりするようにしてください。特にカギ掛けを忘れがちな浴室やトイレの窓なども、施錠の確認をキチンとするように心掛けてください。

合鍵を置いておかないでください。

合鍵を郵便ポストや植木鉢の下に隠して置かないようにしてください。

足場になるものは片づけてください。

脚立やポリバケツは、泥棒が侵入するための足場になります。庭に足場になるようなものはないかを確認してください。

新聞を溜めないようにしてください。

新聞が新聞受けに溜まっていると、「留守宅である。」と泥棒に悟られてしまいます。長期間留守にする時などは、新聞の配達一時的に止めてもらうように依頼をしておいてください。

地域の目を!

泥棒が一番嫌うのは「地域の目」です。

普段は見かけない人が同じ場所を行ったり来たりしていたり、家の様子をうかがっていたりしているのを見かけたら、一声かけてください

Valuable information

林田学 評判
http://archive.fo/llicu

2017/4/3 更新